学習塾ゼスト > 塾長ブログ > 高校入試を終えて その1

高校入試を終えて その1

2021年3月15日

高校入試を終え,4月から高校生となる生徒たちに作文を書いてもらいました。

また,保護者の方々には「アンケート」にご回答いただきました。

 

青字は塾長からの補足説明やコメントになります。

 

 

2018年6月入塾  進学先:県立松山高等学校(普通科)

 

◇◇◇ 高校入試を終えて ◇◇◇

 

 自分はゼストに入る前は別の塾(※1)に通っていたが、その塾では学力が上がらなかった。そこで家族と話し合って、もっと厳しく、学力の上がる塾を探すことになった。 ゼストへの入塾を考えるようになったきっかけは、ゼストのチラシだった。チラシではやや強めの表現がされていたため最初は少し抵抗があったが、実際に入塾してみたら、思っていたよりも普通に通うことができた。

 ※1 本人の話では,とても「ゆるい塾」だったそうです。

 

 ゼストに通い始めて、それまで勉強する習慣がなかった自分でも、自然と勉強する習慣が身についていった。定期テストの学年順位は1年から3年の間で30以上,また、北辰テストの偏差値は10くらい上げることができた。

 ゼストの授業は、学校の授業とは違い、電子ホワイトボード(※2)を使った授業で、とても学びやすかったと思う。塾長には,たまに「字が汚い」などと言われることもあった。受験校についての話し合いの場では「成績だけを重視している」という指摘もあった。実際に受験校を決めるときに重視したのはそのときの自分の成績だったが、塾長の指摘を活かして部活動や進学実績なども考えることができた。

 ※2 2年前に導入しました。現在,ゼスト内で最も高価な事務機器です。

 

 3年生の冬期講習以降の授業は、大半が問題演習だった。問題が難しく、学力が上がるどころか、下がっているような気がしたこともあった。しかし、公立入試の当日に自己採点をしているときに、自分の学力がとても上がっていることを実感できた。

 進路が決まった今、1年生のときからもう少し頑張るべきだったという思いもある。また「松山高校」という選択に少し後悔する所もあるのだが、男子高ならではの良い所もたくさんあると思うので、自分の決めた進路を信じて、これからの新たな人生を歩んでいこうと思う。

 

 

◇◇◇ 保護者アンケート ◇◇◇

 

Q1 入塾の経緯(入塾前の状況,ゼストを知ったきっかけ等)についてお聞かせください。

A1 ゼストのことはチラシで知りました。

 

Q2 入塾後の変化(家庭内の状況,お子様の成長等)についてお聞かせください。

A2 初めの頃は学校のワークを1回やるのが精一杯でしたが、3年の頃には3回以上出来るまでコツコツ勉強出来る様になりました。

 

Q3 受験校決定の経緯(高校選びで重視したこと,家庭内での話し合い等)についてお聞かせください。

A3 卒業生、在校生の話しを聞いたり、学校の部活体験に行ったりしましたが、基本的には本人が決めました。

 

Q4 ゼストへの通塾を振り返って思うことをお聞かせください。

A4 初めは学習量の多さに辛そうにしていましたが、慣れてくると本人も納得していました。勉強のやり方が身に付いたと本人も言っています。