学習塾ゼスト > 塾長ブログ > 高校入試を終えて その4

高校入試を終えて その4

2021年3月18日

高校入試を終え,4月から高校生となる生徒たちに作文を書いてもらいました。

また,保護者の方々には「アンケート」にご回答いただきました。

 

青字は塾長からの補足説明やコメントになります。

 

 

2019年7月入塾  進学先:県立和光国際高等学校(普通科)

 

◇◇◇ 高校入試を終えて ◇◇◇

 

 私がゼストに入塾したのは、中学2年生の夏です。入塾前は、内申37~39くらいの成績でした。ゼストに入塾するきっかけは、母がゼストのチラシを見て、私に勧めてきたことでした。正直なことを言うと、初めは嫌でした。チラシでは「頑張る」とか「向上心」といったことが強調されていたからです。それでも体験に参加して損はないと思い、ゼストへ行きました。2週間の仮入塾を終える頃には気持ちが変わり、ゼストに入塾することを決めました。最終的に入塾を決めた理由は、塾の方針が自分にあっていると考えたからです。それは、他の塾や学校では許してもらえるが、社会では許してもらえないことを「当たり前」としているというものです。

 入塾後は、学習時間が増えて内容が濃くなりました。定期テストでは学年順位が18位から10位まで上昇するなど、成績は上がりました。

 中学3年生の秋くらいまでに、いくつかの高校に足を運びましたが、私の心は和国に決まっていました。程よく近くて、親世代の人からの評判も悪くなく、偏差値もちょうどよかったからです。親には、受験直前まで、偏差値をワンランク上げた高校を受けても受かるだろうと言われ続けました。そういった周囲の期待に応えられない自分を責めることもあったし、申し訳なかったです。その原因は自分が強く公立にこだわっていること、挑戦して失敗するのが怖いこと、ステイホーム中に努力を怠ったことにあると思います。ステイホーム中の生活に関しては本当に反省ばかりです。自分一人でもしっかり学習に取り組める人にならないといけないと改めて思います。

 高校進学後は、憧れていた和国で、大好きな英語をより確かなものとして身につけていきたいと思っています。そして学年では上位の成績をキープし、大学進学に向けて、最初から頑張りたいと考えています。

 最後に、私はゼストで本当に大切なことをたくさん学びました。先生に怒られたことだってありますが、先生はただむやみに怒っていたのではなく、きちんとした「理由」があったのだと思います。私が第一志望校合格という目標を達成できたこと、そして人間として大きく成長できたのは、ゼストのおかげです。決して楽ができる場所ではありませんが、自分の中の何かを動かしてくれる素敵な場所であることに間違いないと思います。

 

 

◇◇◇ 保護者アンケート ◇◇◇

 

Q1 入塾の経緯(入塾前の状況,ゼストを知ったきっかけ等)についてお聞かせください。

A1 子供が小学校中学年くらいの頃、家にポストインしたチラシで知りました。近所で通いやすい上、先生のご方針に共感したので、未来の入塾候補にと考えていました。中二を過ぎて塾を考えた時、まずはゼストさんに仮入(※1)させた所、本人も気に入ったので他の塾は見ずに決めました。

 ※1 正式な入塾の前に実施する2週間の「仮入塾」のことです。一般的には「授業体験」と呼ばれ

   るものです(有料)。

 

Q2 入塾後の変化(家庭内の状況,お子様の成長等)についてお聞かせください。

A2 入塾前は子供と一緒に試験勉強計画を確認しながら、本人が自己管理出来るよう促していましたが難しく、反抗期も重なって状況が悪化した為、入塾に踏み切りました。その経緯から、入塾後は先生ともご相談の上、勉強に関しては全面的にお任せする事にし口を出すのをやめました。親も気持ちが楽になり、本人も先生に指導を受ける方が素直に取り組め、計画→実行がスムーズになったと思います。学校と塾を軸に課題や提出物など、自主的に考え、計画的にさばけるようになりました。正直、家での勉強管理は入塾後もそれほど出来るようにならなかった様子ですが、塾の自習もありますし、毎日通う事でスイッチの切替が出来ていれば良いと割切りました。親は環境整備と健康管理に専念出来、シンプルでした(※2)

 ※2 塾とご家庭の「役割分担」という意味では,理想的な関係を築けたのでないかと思います。

 

Q3 受験校決定の経緯(高校選びで重視したこと,家庭内での話し合い等)についてお聞かせください。

A3 自主性を大切にしたく、本人が決める事を第一としました。希望は、『共学・明るい自由な校風・近い・大学進学の足掛かりとなりそうな高校』で沿線か所沢近辺。中三の春の段階では、坂戸・和光国際・所沢北を候補に様子を見ていました。最終的な成績から、親としては進学実績の良い所北を推しましたが、本人が和国を気に入っていたのと、入学後に成績の余裕を持ちたいとの意思があり、それを優先して決定しました。

 

Q4 ゼストへの通塾を振り返って思うことをお聞かせください。

A4 地域密着型で必要な情報をしっかり把握されていますし、定期試験から受験まで、全体を通して面倒みて貰えるという事でとても安心感がありました。日頃から受験校決定に至るまで、本人や家庭の意思を尊重して下さったので、自由もありつつ頑張れる環境を作って下さったと感じています。私立受験が終わり、県立受験に向かう時期も、何をすれば良いか明確に導いて下さったので、無駄なく当日を迎える事が出来ました。又、受験後の高校準備までフォローして下さっている事(※3)も大変魅力で、しっかり入学前の準備をさせられる為、この機会に感謝し、大切に取り組ませたいと思います。

  ※3 高校入学直前まで,週3回の「自習」を義務づけています(無料)。

 

Q5 その他(何かございましたら,ご自由にご回答ください。ゼストへの苦言でも構いません。)

A5 コロナ禍で急な対応を迫られる中、悩まれ、沢山の工夫やご苦労を頂いたと思います。各塾で対応は様々だったかと思いますが、最後まで我が家にはとても合っていて、十分にご対応頂いたと思っております。本当にお世話になり、ありがとうございました。